ニューヨーク市では毎年 4 億ポンド以上の不要な衣類を廃棄しています 埋め立て地 1人。テキスタイルをリサイクルするという善意の努力にもかかわらず、悲しい現実は、寄贈された衣類の大部分が最終的に廃棄されるということです。 外国 、再販のためにパキスタンやマレーシアなどの国に出荷されます。着用できなくなった衣類は細断され、断熱材や家具の詰め物として再利用されます。これは衣類の寿命を延ばし、廃棄物を減らしますが、完全な解決策ではありません.


批評家は、この慣行が地元の衣料品市場と伝統を侵食し、国を私たちの過剰の投棄場に変えると主張しています.

消費

衣類をリサイクルするのは良いことですが、そもそも消費を減らすことに集中する必要があります。ファストファッションの台頭により、迅速に仕分ける文化が生まれ、廃棄物が増えています。幸いなことに、多くのデザイナーや小売業者がこれを変えようと取り組んでいます.タラ・セント・ジェームス、創設者 ニューヨーク留学 また、プラット インスティテュートの廃棄物ゼロ デザインの教授でもあり、ファッション プロダクションの端切れを新しいデザインに直接取り入れた、高品質で持続可能な服を作成しています。彼女は、購入を減らし、何年も着用できる高品質の作品に投資することを顧客に勧めています.

古着小売業者である Wearable Collections の創設者である Adam Baruchowitz 氏もこれに同意し、「無知な消費が私たちの喉に押し付けられていることを消費者に教育する」必要があると主張しています。衣類の購入を減らし、持続可能なオプションに投資することで、私たちが生成する衣類の廃棄量を減らすことができます.

革新的なソリューション

繊維リサイクル業界が直面している課題にもかかわらず、一部の革新的な企業は、古着を新しい製品に変える方法を見つけています。 エヴルン シアトルを拠点とする新興企業である .このプロセスは、水と原材料の必要性を減らし、廃棄物を埋立地から転用します。他の企業のような H&M と Marks & Spencer も、 再生繊維 彼らの製品に。これらの革新は正しい方向への一歩ですが、繊維廃棄物の危機に大きな影響を与えるには、より普及する必要があります.


繊維リサイクル業界が直面している最大の課題の 1 つは変化です 消費者行動 .人々が持続不可能な価格で服を買い、何も考えずに捨て続ける限り、業界は苦戦を続けるでしょう。この行動を変えるには教育とアウトリーチが不可欠であり、多くの繊維リサイクル企業がこの問題に積極的に取り組んでいます。たとえば、FabScrap は、施設のツアーを提供し、繊維のリサイクルについて人々に教えるワークショップを主催しています。ウェアラブル コレクションは、環境への影響についても一般の人々に教育します。 繊維くず 人々が新品ではなく古着を購入することを奨励しています。

繊維リサイクル業界は多くの課題に直面していますが、将来について楽観視できる理由もあります。持続可能なファッションの人気の高まりと 廃棄物ゼロ Tara St. James のようなデザイナーは、消費者が繊維廃棄物の危機に気付きつつあることを示す励みになる兆候を示しています。衣服の選択が環境に与える影響を認識する人が増えるにつれて、より持続可能な選択肢を求めるようになるかもしれません。革新、教育、消費者の関与を継続することで、繊維リサイクル業界は、現在埋め立てられている衣料品の 84% を大幅に削減できる日が来るかもしれません。


それまでの間、個人が自分自身を減らすために取ることができるステップがあります 繊維くず .簡単な解決策の 1 つは、衣類の購入を減らして、より長く着ることです。消費者は、特別な機会に古着を購入したり、衣類をレンタルしたりすることもできます。衣服が着用できなくなったら、繊維リサイクル会社に寄付したり、新しいアイテムに再利用したりできます。最後に、消費者はサポートできます 立法 持続可能なファッション慣行を奨励し、環境への影響について企業に説明責任を負わせます。

リサイクルはどうですか?

繊維リサイクル業界は、衣料品を埋立地から転用する取り組みにおいて、重大な課題に直面しています。しかし、継続的なイノベーション、教育、消費者の関与により、より持続可能な未来への希望があります.個人として、私たちは皆、繊維廃棄物を削減し、より持続可能なファッション業界に向けて取り組んでいる企業を支援するための措置を講じることができます.協力することで、衣料品が使い捨ての商品ではなく貴重な資源と見なされる世界を作ることができます.


もちろん、リサイクルは依然として方程式の重要な部分です。一部の企業は、古い繊維を溶かして新しい生地に変える方法を模索していますが、このプロセスはまだ初期段階にあります.しかし、テクノロジーだけでは私たちを救うことはできません。として FabScrapのジェシカ・シュリーバー 繊維廃棄物についての考え方を変える必要があると指摘しています。ペットボトルや缶を扱うのと同じように扱い始め、大規模な再利用とリサイクルを開始する必要があります。

最終的に、私たち全員が繊維廃棄物を削減するために果たすべき役割を担っています。衣服の購入を減らし、地元で再販する組織に寄付し、持続可能性を優先する企業を支援することができます。また、ファストファッションが地球に与える影響について自分自身や他の人を教育し、廃棄物が最小限に抑えられる世界を作るために取り組むこともできます。 持続可能な慣行 が標準です。のセカンドライフ 寄付された服 問題を抱えている必要はありません。何を買うか、何を寄付するか、何をするかを意識的に選択することによって リサイクル 、私たちは自分自身と地球のために、より持続可能な未来を作ることができます.

その間、次のような持続可能なブランドをサポートしてください 小さなレスキュー 、使命に基づいた、女性とマイノリティが所有する持続可能なファッション ラインであり、無駄のないファッションで型を破り、リサイクルされたアパレルを通じて重要な原因についての意識を高めています。 彼らの気候変動コレクション 私たちが見た中で最高の1つです! Tiny Rescue のアパレルはすべて認定ネットです カーボンニュートラル およびGOTS認定 オーガニックコットン 、およびパッケージングは​​ 100% プラスチックフリー そして完全に植物から作られています。最も重要なことは、それらは円形であることです。つまり、服を使い終わったら、それを送り返して再処理し、新しい製品に再紡ぐことができます!

Planet B Not Found Tee by Tiny Rescue: Climate Collection